人が浮気をするのは仕方がないことなのか

人が浮気をするのは仕方がないことなのか

どうして人は浮気をしてしまうのでしょうか。
もしもパートナーに浮気がバレてしまえば、大きなトラブルになることは避けられませんし、それが原因で別れるハメになることも十分考えられます。
それでも、人は浮気をやめようとはしません。
もちろん個人差はありますが、浮気をしてしまう可能性がゼロの人というのは、ほとんどいないと考える方が自然と言えるでしょう。
よく言われていることですが、元々人はパートナーとの1対1の関係を、長く続けていくことには向いていないという部分もあります。
特に男性にその傾向が強く見られるのですが、たとえ決まったパートナーがいたとしても、それが必ずしも他の異性を意識しないためのブレーキにはならないケースがあるのです。
つまり、浮気をするというのは、むしろ人として自然な姿であるとも言えるでしょう。
しかし、それはあくまで人の本能的な部分だけを切り取って考えた場合の話です。
他の多くの動物とは違って、人は誰でも大きな理性というものを持っています。
たとえば本能的に浮気をしたいという場面に遭遇したとしても、それはいけないことだと行動にストップをかける役目の理性が登場するのです。
人が浮気をしてしまうのは仕方がないというのは、もちろん一理あります。
なぜなら、人は誰でもそんな欲求を大なり小なり抱えているのが普通だからです。
しかし、だからといって常にその欲求に従うことが正しい選択だとは決して言えません。
なぜなら人には大きな理性があり、それこそが他の動物と人間を区別する上で、最も重要な部分だからです。

関連ページ

第一線を引く愛人関係
愛人関係がもつれないようにするには、お互いが感情をうまくコントロールして第一線を引き、心の中はクールでいることが大切だと思います。女性なら、お金をくれるからとか洋服や宝石かばんを買ってくれるから愛人でいようと割り切った関係でお付き合いする方が多いかもしれません。 一方男性のほうも、自分には妻や子供がいるけれども、若くて綺麗な愛人をお金で手元に置いておくことで、若々しい気持ちを保てるというような人がいますね。 もしこの愛人関係の中で、とめることのできない燃えるような恋愛感情に発展した場合は、2人で身の回りを整理して、一緒になればいいことですし、無理ならあきらめるか、二人の恋は愛人のままで続けるかしかないでしょう。 どちらにしても、愛人関係は、感情がのめりこみすぎると苦しくなります。よくあるどろどろの不倫関係とは、また少し違い、お金や物で利害関係が成り立っているようなそんなイメージがあります。 愛人を道徳的に悪いと言えば、例えば奥さんの立場の人からすればそうなるかもしれませんが、一生知らないままでいれば何も傷つくこともありません。 感情が絡むので、ややこしくなるだけであり、実にクールな関係性を続けていれば、なんら問題もないでしょうし、むしろ通常の恋人関係よりも楽で楽しいのかもしれません。 ただ、本当にこの人が大切とかそのような感情は、あまり愛人関係には存在しないでしょう。 愛人の理想と言えば少しへんかもしれませんが、第一線を引き、お互い大人の愛人関係というのが理想かもしれません。"